「介護福祉士 実務者研修」の特徴

介護施設で働くために必要な資格のなかでも、中堅の職員の方が目指す「介護福祉士」の資格の取り方が変わります。

 今まで介護福祉士の国家試験の受験資格は「3年の実務経験」のみでした。

平成28年度からは実務経験3年に加え6ヶ月以上の実務者研修(450時間)の受講が必要となり修了者は、実技試験が免除となります。

介護福祉士になりたいなら、実務経験3年を終える前に実務者研修も終わらせておくとスムーズに介護福祉士の国家試験を受けることができます。

計画的に 実務者研修を受講しましょう。